住宅ローン控除とは?

宮城で新築一戸建てを購入する、また建築するという際には、人生の中でも大きなお金が動きます。

通常、一番大きなお金が動くと考えていいでしょう。

頭金を準備し、長きにわたる住宅ローンを開始する、という事にもなりますので、資金計画をしっかり立てて、支払に困る事がないようにしておくことが必要ですが、住宅ローンについては、住宅ローン控除を利用する事が出来るので、これも宮城に新築一戸建てを建設するための知識として理解しておきましょう。

住宅ローンの控除は、個人が一定の要件に該当する新築物件や既存住宅を借入金によって取得する場合などに適用される控除で、居住開始から以後10年にわたり所得税額から一定額を控除してもらえるという制度です。

もし、所属税額より特例による控除額が多いという場合、その残額を翌年の住民税によって控除ができますので覚えておきましょう。

控除額については、現在、住宅借入等借入の年末残高の限度額は2000万円です。

消費税税率が8%、10%の場合には、限度額が4000万円となります。

控除率は年末残高×1%ですが、こうした住宅ローン控除に関しては、変更が行われることもありますので、必ず確認するようにしましょう。

もし宮城に建設する新築一戸建てが、認定長期優良住宅、若しくは認定低炭素住宅の場合、住宅借入金等の年末残高の限度額が3000万円となり、消費税税率が8%、10%の場合、上限5000万円となります。

この住宅ローン控除の特例を受けるためには、10年以上住宅ローンであること、床面積が50㎡以上である事、合計所得金額が3000万円以下であることなどが設定されています。

≪関連サイト≫住宅ローン減税制度の概要 : 財務省

コメントは受け付けていません。