土地の用途など法律の理解も深めよう

土地の事に詳しい人なら用途地域がある事をご存知だと思いますが、全くこうした知識がないという場合、住居専用地域がある事や商業地域がある事、市街化区域がある事、市街化調整区域がある事など、理解されていないことが多いです。

宮城で新築一戸建てを建設する場合には、こうした用途地域などについての知識も持っておくべきです。

宮城県でも宮城にお住まいの方が好き勝手に、自分の土地だからと好きな建物を建設していいという事はありません。

住宅街に大きな騒音を発する工場があるとか、日照問題に発展するような高層ビルが建築されるという事はあり得ないことで、その土地をたとえ所有している人がそうしたいと考えても、法律によって地域地区が決められているため、無理なのです。

この地域地区という法律の中の代表者が用途地域です。

用途地域には第一種低層住居専用地域や隣接商業地域、工業専用地域などがあります。

このうち、住居は第一種、第二種低層住居専用地域、第一種、第二種中高層住居専用地域、第一種、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域に建設する事が出来ます。

工業専用地域には住居用の建物を建設する事が出来ません。

この地域地区に合わせて補助的地域地区制限というものもあります。

これは、環境保全や土地利用を合理的に行うという事で決められたもので、市街地の環境維持や土地利用の利便性を高めるものです。

例えば、建築物件の高さ制限を設けている高度利用地区、歴史的風土の維持が必要な地区の場合、歴史的風土特別保存地区などがあります。

宮城に新築一戸建てを購入する際には、その地域がどのような用途地区になっているかを把握する必要もあります。

コメントは受け付けていません。