建蔽率、容積率とはなにか

宮城にしてもそのほかの地域にしても、土地に新築一戸建てなどの物件を建設する場合には、建物そのものの規模や建物の建蔽率、さらには容積率などが関係してきます。

容積率は建物の延べ面積の敷地面積に対する割合をいい、建蔽率は建築物の建築面積の敷地面積に対する割合です。

この建蔽率や容積率に沿って、新築一戸建てなどの建物を建設する事が必要となるのです。

容積率の延べ面積というのは、各階の床面積を合計したものを言います。

用途地域別に容積率が決められている理由としては建物のボリュームを制限しておかないと、良好な環境が得られないという考えからです。

下水道などの公共設備の水準以上に住宅などが建設された場合、下水道を良好な状態で利用する事が出来なくなりますし、住宅が自由に建設されることで道路に影響する等をさせないために、容積率があるのです。

建蔽率は建物を真上から見下ろした場合に、建物が敷地を蔽っている比率です。

市街地は容積率が高くなりがちですが、建蔽率も高く制限される確率が高くなります。

というのも、例えば建蔽率を決めずに建物を自由に敷地内に建設していいとしていれば、所有している面積一杯に建物を建設したいと考えるでしょう。

隣に建築されている建物などを考慮せず敷地いっぱいに新築一戸建てを建設すれば、日照、また風通しなども良好とは言えなくなりますし、もし災害という事になった場合に、安全保護の面でも問題が出てきます。

こうしたことから、宮城でもどこでも、建蔽率や容積率を守った住宅の建設が求められるのです。

コメントは受け付けていません。