新築一戸建ての購入や建築にかかる税金

宮城、またそのほかの地域で新築一戸建てを建設する、購入するという場合には、様々な税金がかかるという事を把握しておく必要があります。

宮城だから、東京だからこの税金はかかりませんという事はなく、売買契約、登記、不動産所得税など、どの地域に住宅を購入する場合でも、税金がかかります。

新築一戸建ての売買契約書を作成するという場合には、印紙税がかかります。

契約書作成者に対して、国税の印紙税がかかりますが、売買金額に応じて金額が変わります。

1000万円を超えて5000万円以下の場合、15000円の印紙税、5000万円を超えて1億円以下の場合、45000円の印紙税です。

住宅を購入する場合に登記を行う際には所有権の保存登記に0.4%、所有権の移転登記に2%、抵当権の設定登記に0.4%の登録免許税がかかります。

これに加えて新築一戸建てを購入する、また現在ある建物を増築、改築するという場合、土地建物などを購入、贈与する場合などには、都道府県税として不動産所得税がかかります。

不動産所得税は、不動産価格×3%によって求められますが、特別控除を受けることができます。

新築一戸建ての場合、住宅用で床面積が50㎡以上240㎡以下であれば一戸当たり1200万円の控除があります。

これに加えて、住宅を購入、増改築した、贈与を受けたなどの場合、都道府県税として不動産所得税がかかります。

こうした税金はバカにできない金額です。

購入価格に加えて、こうした国税、都道府県税などの費用が掛かるという事をしっかり理解し、住宅の購入計画を立てるべきです。

【check】http://www.pref.ibaraki.jp/somu/zeimu/kikaku/qa/fudosannshutokuzei.html

コメントは受け付けていません。